top of page
  • 執筆者の写真yuyuko

AIアートやデジタルアートを飾ってよう!

更新日:7月5日

今回は、AIアートを実際に飾ってみたい!という思いをかなえるために知っておきたいことについてご紹介していきます!


アートを飾りたいけれど、なかなか好きな絵がみつからなかったり、高額で買うにはちょっと・・・ということって結構ありますようね。


その点、AIアートだと、自分が好きな絵を簡単に作成してくれるので、自分のイメージに合う絵と出会うことができます。


また、AIアートにしても、デジタルアートにしても、どこに飾るかが悩みどころですよね。

スマホの待ち受けにするだけだとパッとしない・・・という方も、出力して自分の部屋に飾るも良し、バーチャル空間やメタバース空間に自分のアトリエを作って飾るもよし。


今や、さまざまな楽しみ方を見つけることができますよ。


今回は、AIアートやデジタルアート、NFTアートも含めて、おうちに飾ってみたい!という方に、印刷して飾る方法をご紹介していきますよ!


それではいってみましょう!



AIアートを飾る!高解像度にしてポスターとして出力する方法


まず、AIに作成してもらったものは、大抵の場合、解像度が低く、大きく印刷しようとするとボケてしまう場合が多いです。


画面で見る分には十分ですが、印刷となると、かなり高めの解像度が必要です。

ちなみに解像度とは、そのアートのもつ表示の細かさのことで、引き伸ばした時にこれが小さいと、鮮明なアートにはならないということです。


では、高解像度にするにはどうすれば良いのでしょうか?


すでに作成し終わったデジタル画像を高解像度に出力しなおしてくれるサービスはいくつかあります。


2つほどピッタリのサービスを紹介しますね。




元画像サイズの最大8倍まで拡大することができるサービスです。

JPG、JPEG、PNG、BMP などの画像形式が対応可能ですので、大抵の画像をサイズ変更することができます。


無料でいくつかオンライン上で拡大し、ダウンロードすることができるので、ぜひ試してみてください。


右下の「拡大」でサイズを選ぶことができますよ。


高解像度



元画像を無料であれば2倍ほど拡大できるサービスです。


3Dにもすることができますが、クレジットが必要で、無料で変換できる回数は決まっているため、本当に必要な作業のみを行うのがベストです。



高画質変換


高画質に変換したものをダウンロードできれば、これらを印刷サービスにまわしたり、自分の家の印刷機で出力すると良いでしょう。


A4以上のポスターなどで、しっかりした紙に印刷したい場合は、オンラインの印刷サービスを利用するのがおすすめです。


額縁に入れると、素敵なアートの完成です。



AIアートを印刷する方法


データをアップロードして、印刷をコンビニから出力するサービスは、とても便利ですよね。

プリントパックなどの印刷サービスだと、1枚だけという設定ができないので、金額が高めになってしまいます。


画質にそこまでこだわらない場合は、コンビニで受け取る方法もひとつですよ。




セブンイレブンのマルチコピー機で印刷ができます。

サービス利用イメージは、無料で登録し、QRコードをゲットします。

それを、コンビニのコピー機にかざすと印刷が可能です。




やっぱり画質にこだわりたい!という方は、AIアートを画像データにして(JPEGなど)、写真として印刷するのもありですよね。


サイズも、小さいものから大きめのものまで選べるので、自分好みのサイズで出力依頼が可能です。


郵送してもらえるので店舗に行く必要もなく、自宅からデータを専用アプリを使ってアップロードするだけでOKですよ!



まとめ


今回は、AIアートを高解像度に変換して、それを印刷する方法をお伝えしました。

これができれば、好きなアートを自宅にかざることが可能になります。


もちろん、ポストカードや名刺サイズに印刷・・・なんてこともできるので、みんなに見せたり、絵葉書にできたりとアーティストになった気分になれますね。


ぜひ、出力の楽しさを感じてみてくださいね!







閲覧数:0回0件のコメント

Comments


Commenting has been turned off.
bottom of page