top of page

アート作品(もちろんNFT以外でも)の展示方法は、NFT美術館によって違います。

当サービスは、空間上のどこにでも自由に配置ができます。

​そのため、アート作品を額縁に入れたり、アート作品で道を作ったりなど、自分の発想が美術館を形作るのです。

​アートの展示方法

リアル商品をバーチャルでで
NFT美術館

購入したNFTや自分の作品を展示して美術館をつくることができるサービスはいくつかあります。

独自の空間を作れるため、訪問者を飽きさせず、自分好みに作り上げることができます。

​現在、当サイトでは仮想通貨の利用ができないため、自身の販売サイトへのリンクを設置していただければ購入への誘導が可能です。

NFTアート美術館とは

​バーチャル空間でのNFT展示の課題

数あるバーチャル空間内でのNFTアートや作品の展示会の中で、目を引く展示会場はありましたでしょうか?

壁に絵が飾られているだけの世界を、バーチャル空間で見たところで感動は生まれにくいです。

では、バーチャル空間でNFTアートを展示する場合、何が正解で何が課題なのでしょうか。

それは、展示方法に答えがないことが課題であり、正解がないことが正解なのです。

​全ては展示者のセンス一つです。

NFT challenges

作品の置き方を考えてみましょう。

バーチャル空間では、通常の展示室のように、作品を順番に一枚ずつ置く必要はありません。

斜めを向いたり、一枚だけ天井の高いところに設置することも可能です。

​普通の考えとは違う配置の仕方が、世界観を演出してくれるのです。

VRでの配置の仕方の難しさ

1

ユーザーがバーチャル空間を利用することで得られるメリットが大切です。

NFTを展示する場合は、NFT作品を立体的な空間で見ることで得られる感動がそのメリットとなるでしょう。

NFTを並列に並べた購入ストアでは、ただ作品を一枚画像としか見ることができません。

​オンラインの、バーチャル空間での美術館で見るからこその感動を作る必要があるのです。

NFT展示物を見る意味

3

UIとはWEBの世界では主流である、ユーザーの使いやすさです。

見る順序、使い勝手、ボタンのデザインなどさまざまなものを指します。

バーチャル空間ではUIが確率されていません。いろいろなサービスを見ましたが、統一はなされていません。

​ユーザーが直感的に見る順番がわかるように、作品や壁を配置する必要がありますが、未だ答えはないでしょう。

VRでのUI

2

NFT展示会や、バーチャル美術館を見ながら、その空間はリアルな世界の模倣のように感じることはありませんか?

リアルをバーチャルに持ち込む必要はありません。

バーチャル空間でNFT展示会を行うのであれば、今までに見たことがないような展示の仕方をするのが効果的です。

​それがなんであるかは、作品や作者の心にあるでしょう。

作品と動線が織りなす

4

NFT展示をVRで独創的に行う

NFT作品を売るには、NFTマーケットプレイスに出展することがベストでしょう。

しかし、画像が複数並ぶこのストアで、自分の個性を出すことは、なかなか難しいものです。

​せっかく新しい技術で作品を売るのですから、ぜひとも、新しい見せ方で、独自の世界観を作り上げたいものです。

ドリームクロッシングでも、数々の見せ方を研究しています。より良い見せ方が決まったところで、それをテンプレート化することを考えています。

NFT美術館の展示方法

バーチャル空間であっても、店舗の設計とあまり大差はありません。

お店ではお客さんが自然と店内を一周しやすいよう、設計がなされています。

​バーチャル空間も、同じように、なんとなく行ってみたいと思わせる方向に、一番見せたいものを置く設計を心がけることが大切です。

動線設計の研究

左を基準として歩く傾向があるため、左側にボードを配置するなど、空間の設営はかかさないことが重要

空間内に管理人がいると、なぜか親近感がわく傾向はあるため、設置しておくと効果的

関連BLOG

bottom of page